耳鼻咽喉科

手術日

月曜日および水曜日

スタッフの紹介

  医師名 専門分野
部長 齊藤 孝夫 腫瘍・全般
医員 吉越 彬 全般
医員 田中 志昴 全般
医員(非常勤) 黒田 健斗 全般

診察する病気

1.鼻副鼻腔疾患

鼻出血(日中の救急対応もしております)急性副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎(副鼻腔真菌症、好酸球性副鼻腔炎、慢性化膿性副鼻腔炎、鼻ポリープなど)薬物性鼻炎 鼻中隔彎曲症 アレルギー性鼻炎(ハウスダスト、ダニ、花粉)鼻骨骨折 鼻内異物 術後性副鼻腔囊胞 鼻前庭囊胞 嗅覚障害

2.耳疾患

外耳道炎 外耳道湿疹 耳介軟骨膜炎 耳介血腫 耳垢栓塞 外耳道異物 先天性耳瘻孔 耳性帯状疱疹(顔面神経麻痺) 外耳道真菌症 急性中耳炎 滲出性中耳炎 慢性中耳炎(急性期病態に対する対応)難聴(突発性難聴、音響外傷、老年性難聴)めまい(メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎など)聴神経腫瘍(診断) 補聴器の相談

3.口腔・咽頭疾患

舌小帯短縮症 口内炎 口腔内真菌症 舌炎 口唇囊胞 ガマ腫 急性扁桃炎 扁桃周囲膿瘍 慢性扁桃炎 扁桃肥大 扁桃病巣感染症(IgA腎症、掌蹠膿疱症)伝染性単核球症 顎下腺唾石症 急性化膿性耳下腺炎 いびき・睡眠時無呼吸症候群(簡易検査) 咽頭異物

4.喉頭・頸部疾患

急性喉頭炎 急性喉頭蓋炎 急性声門下喉頭炎 声帯ポリープ 声帯結節 ポリープ様声帯 咽喉頭異常感症 唾液腺良性腫瘍(耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍) 正中頸囊胞 側頸囊胞 甲状腺良性腫瘍 頸部良性腫瘍 亜急性甲状腺炎 頸部リンパ節炎 頸部蜂窩織炎 深頸部膿瘍

5.その他

末梢性顔面神経麻痺 嚥下障害(スクリーニング)

検査

 

1.鼻

鼻腔電子内視鏡検査 鼻副鼻腔CT・MRI検査 アレルギー血液検査 静脈性嗅覚検査(アリナミンテスト)鼻漏一般細菌検査

2.耳

耳電子内視鏡検査 側頭骨CT検査 頭部MRI検査 ティンパノグラム アブミ骨筋
反射 標準純音聴力検査 標準語音聴力検査 赤外線CCDカメラを用いた眼振検査 
簡易平衡機能検査 電気眼振図検査 重心動揺計検査 耳漏一般細菌検査

3.口腔・咽頭

咽頭電子内視鏡検査 一般細菌・真菌検査 口腔咽頭CT検査 口腔咽頭MRI検査 簡易睡眠検査(Smart watch)

4.喉頭・頸部

喉頭電子内視鏡検査 頸部MRI検査 頸部CT検査 頸部ECHO検査シンチグラム検査 穿刺吸引細胞診 嚥下内視鏡検査

手術

1.日帰り手術

内視鏡下鼻腔粘膜焼灼術(鼻出血止血術) 鼻ポリープ切除術 下鼻甲介粘膜APC焼灼術(アレルギー性鼻炎に対して)鼻骨骨折整復術(局所麻酔)

耳介血腫除去圧迫固定術 外耳道異物除去術 鼓膜切開術 鼓膜換気チューブ留置術(成人)

口腔・咽頭

口唇囊胞切除術 口内法による顎下腺唾石摘出術 頸部リンパ節摘出術(検査) 咽頭異物除去術

2.入院手術

内視鏡下鼻副鼻腔手術 鼻中隔彎曲矯正術 下鼻甲介粘膜切除術 鼻骨骨折整復術(全身麻酔・短期入院)鼻内異物除去術(全身麻酔を要する場合は短期入院にて対応)副鼻腔囊胞開窓術 鼻前庭囊胞開術

外耳道異物除去術(全身麻酔を要する場合は短期入院にて対応)鼓膜換気チューブ留置術(幼児の場合、短期入院)耳瘻管摘出術

口腔・咽頭

舌小帯形成術 口唇囊胞切除術(幼児の場合は短期入院)舌下腺摘出術 扁桃周囲膿瘍切開術(入院加療に含まれる)アデノイド切除術 口蓋扁桃摘出術 顎下腺摘出術

喉頭・頸部

気管切開術 顕微鏡下喉頭微細手術 唾液腺腫瘍切除術 頸部リンパ節摘出術(検査)頸瘻摘出術 甲状腺摘出術(頸部)

症例数・治療・成績

1.外来・入院患者数(平成25年度)

  1. 新患者数:3,100人
  2. 外来患者総数:20,000人
  3. 入院患者数:400人

2.主な手術件数(平成25年度)

  1. 鼓膜換気チューブ留置術(32)
  2. 鼻副鼻腔・鼻中隔手術(57)
  3. アデノイド・扁桃手術(29)
  4. 顕微鏡下喉頭微細手術(14)
  5. 唾液腺手術(耳下腺、顎下腺)(10)
  6. その他

3.診療

耳鼻咽喉科疾患全般にわたる診療を行っております。一般外来は、月曜日から土曜日の午前中で、2医師体制で対応しております。当院では救急搬送の受け入れも行っているため、お待たせすることもありますが、ご理解いただけますようお願い致します。
外来診療に当たっては、言葉のみに頼らず視覚に訴え(画像、所見、検査結果)、より深い理解が得られる病状説明に心懸けております。診断において、より特殊な検査が望ましいと判断された場合は、その専門性に鑑み、他病院との連携の下ご紹介させていただくこともあります。
急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、あるいは突発性難聴やめまい症の急性発作期など、入院加療が必要と判断される場合は、救急および開業医の先生方と連携をとりつつ、積極的に入院加療を行っております。 手術療法の約半数は、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術です。手術は通常全身麻酔下で行い、術前の画像診断および術中の内視鏡所見から安全を確保し行います。鼻内止血用医療薬品にも配慮し、吸収性止血剤やシリコンプレートを使用することにより、従来の鼻内ガーゼ抜去時の疼痛や出血、術後鼻処置の際の出血を軽減しております。
突発性難聴や末梢性顔面神経麻痺に関しては、外来通院による内服加療や、入院によるステロイド療法を基本として行っております。
悪性腫瘍の診断には電子内視鏡を使用し、より精密に診察すると共に、画像診断を含めた総合的診療を行っております。悪性腫瘍の治療に関しては、当院血液内科や集学的治療を目的に癌専門病院を紹介させていただいております。
開業医―同愛記念病院―特定機能病院の連携を深め、より機能的な診療を心懸けております。

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。