研究検査科

研究検査科は患者様の血液、尿、便、体液などを検査試料とする検体検査系、直接患者様に接し体の外部から検査する生体検査系が主な検査の進め方です。

特徴、特色

検体検査系

一般検査(主に尿、便など)、血液検査、生化学検査、血清検査、輸血検査、微生物検査(尿、便、体液、他)、病理検査(組織、細胞、体液など)などの検査を実施しています。
日常の緊急検査には一般、血液検査では30分以内に、生化学では1時間以内に、さらに感染症検査は1時間前後で正確、精密な分析値を提供できるよう努力しています。
さらに骨髄像、凝固線溶系、各種クリアランス検査、薬物検査、MRSA治療薬物検査(バンコマイシン)、などの特殊検査なども実施しております。
病理検査では細胞診検査(穿刺細胞診、他)、術中迅速診断、生検、手術材料検索、病理解剖、免疫染色などを行っています。

生体検査系

主に生理検査部門が担当しており、心電図、トレッドミル、血液ガス分析、超音波検査(腹部エコー、体表エコー、心臓エコー)、脳波検査、耳鼻科領域の聴力検査、呼吸機能検査も行っております。
特殊検査に簡易型睡眠ポリグラフィー検査、血圧脈波検査、終夜睡眠ポリグラフィー8誘導以上検査を実施し、解析しています。

夜間・休日時間外緊急検査

2次救急指定病院のため夜間緊急検査も実施しており、検査時間は
平日 午後5:00~翌日午前8:30迄
土曜日 午後12:30~翌日午前8:30迄
休日・祝日 終日~翌日午前8:30迄
実施しています。

検査内容

血液検査(血算一式)、生化学(20項目以内、CRP)、ティオフィリン濃度、血糖、トロポニンT、血液ガス分析、血液型、感染症検査、交差試験、インフルエンザ抗原検査、簡易型睡眠ポリグラフィー装着、髄液検査(一般性状、細胞数)
以上の検査を当直臨床検査技師一名にて対応しております。

※検査には臨床検査技師が対応しておりますが、さらに所属学会等から 認定された細胞検査士、超音波検査士などが従事しております。

また、病理では病理専門医・細胞診専門医が適切な診断・コメントを記載し報告しております。他に経験豊富な血液専門医、超音波検査に顧問の先生方のアドバイスを頂きながら診断・コメントを記載した報告書を発行しております。

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。